彼氏は友達の連絡を受けて呼吸を切らしてやってきました

22年代の時、個々として知り合ったとある紳士のことをいいなと思ったのですが、彼氏にはその時全くお似合いの彼氏がいると聞いていて、自分に自信がなかったわたしは呼び掛けることもせずに集団で話してはいるものの、ちっともダイアログらしきことをしていませんでした。

皆職歴やら実にで集まることも無くなり、テレフォンも知らなかったので、いいなという意識を引きずりつつも、いずれ見合うことはないだろうと思い3クラスが経ちました。

わたしは相変わらずの身の回りで、彼氏もおらず、オーソドックスに過ごしていて、時には当時の個々という個別に会っていました。

当時の個々という巡り合うと彼氏のことを思い起こしますが、きっと彼氏といった賢くいってるんだろうと思い込んでいたら、個々が急に彼氏を呼ぼう!と言い出しました。

急に何?と言うと、彼氏からわたしという出会える機会を作ってほしいと言われていたけどすっかり忘れていて、って年間前に言われていたことを話し出したんです。

私としては彼氏はどうなったの?と聞くと、3クラス前に直ぐ別れていたとかで、個々もそれを通年前に聞いたそうです。

それくらい無い間柄になっていた彼氏は友達の連絡を受けて呼吸を切らしてやってきました。

変わってないなぁといったお互いに微笑みあって、彼氏が個々にカップルにさせてよ!というネタぽくいって個々を追い払うように水入らずになりました。

急に大真面目になった彼氏は、なんであの一瞬連絡をくれなかったの?と聞いていたんです。

彼氏は私のことを好きになって、彼氏と別れ話を進め、私の個々にわたしを掘りおこすようにニュースを通じていたんだそうです。

それでも何のすれ違いかわたしには伝わらず、テレフォンも知らないし振られたと思った彼氏はあきらめたそうです。

事後何人かが連絡を取り合う中でわたしという個々にたどり着いて、逢う機会を作ってほしいとお願いしてまた放置されていたそうです。

わたしは笑ってしまいました。

こんなにもすれ違うって無縁ってことかなぁ、と言うと、じゃなくてやっと会えたから、うまくいくようにしていきたいんだけど。といった真剣に言われました。

私も彼氏も自分からは貫く品だ。

こんな風に再会できて付き合うなんて怪奇等々でした。

今も平和でのんびりした生活に彼氏がいてくれてやけに幸せです。

リビドーロゼ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です